マッサージベッドの質にこだわれば施術の質も変わる!

女性介護士

設備やイベントが充実

介護施設

高齢化社会と言われる現在、有料老人ホームへの入居者が増えています。設備面やイベントが充実しているところが、有料老人ホームの魅力なのです。見学会や体験入居で、納得いく老人ホームを見つけましょう。

Read More

機能性の高い素材が多い

車いすの男性と介護士

介護の仕事では、動きやすさを重視したユニフォームが向いています。中にはドライ加工や抗ウイルス加工など、機能性の高いユニフォームもあります。通販サイトであれば商品比較も簡単なのでおすすめです。

Read More

日常生活をサポート

シニア男女

介護を必要とされる方が増える中で、介護職の需要が高まっています。介護職の中でも職種が複数あるので、それぞれの仕事内容を把握しておくことが大切です。いずれも専門的な仕事内容なので、勉強が必要です。

Read More

身体の負担を左右する

シニア男性と介護士

疲れた身体を癒すマッサージの施術に欠かせないのが、マッサージベッドです。マッサージベッドとは、マッサージをする際にうつ伏せでの施術にも対応できるよう、頭を置く部分に穴があいているものです。マッサージの施術時間はある程度長いものなので、寝たときに楽な姿勢を保っていられることが重要なポイントになります。例えば、ベッドを設置したときにまっすぐ水平になるものは、人の重みで谷型に沈んでしまう可能性があります。このように、人が寝たときに腰が山型や谷型になってしまうベッドでは、腰を痛めてしまう恐れがあるのです。人の重みが加わった状態で水平を保てるベッドであれば、施術中に無理な体勢になることがありませんので安心です。また、マッサージベッドのクッション性も重要です。柔らかすぎず硬すぎず、適度にクッション性のあるものを選べば、身体に負担が掛からずに快適に寝ていられます。さらに、ベッドの幅にもこだわることがおすすめです。施術を受ける側にとっては、幅が広い方がゆったりと寝ることができてよいでしょう。しかし施術者にとっては、身体の距離が離れることで無理な体勢での施術になる可能性があるのです。無理な体勢での施術ですと、十分に力が加えられなかったり、疲れやすくなってしまったりということが起こり得ます。最適な距離が取れる幅のベッドを選べば、施術者にも負担が掛かりにくくなるのです。このように、一見どれも同じように見えるマッサージベッドですが、選ぶときに重要なポイントはいくつもあるのです。重要なポイントを見逃してベッドを選んでしまうことで、施術を受ける方の身体にかえって負担を掛けてしまう可能性が出てきます。身体への負担が少ないマッサージベッドを選択することで、施術の効果をより高めることができるのです。