マッサージベッドの質にこだわれば施術の質も変わる!

介護士とシニア女性

日常生活をサポート

シニア男女

ご高齢の方が増えるとともに、介護を必要とされる方が増えています。そこで、需要が高まっているのが介護職です。介護職と一口に言っても、その種類は多数あります。その中で、主にサポートが必要な方のために生活のお手伝いをするのが介護職員初任者研修や介護福祉士です。介護職員初任者研修の資格を取るために実務経験は必要ありませんが、介護福祉士となるためには3年以上の実務経験が必要になります。また、仕事内容にそれほど差はありませんが、介護福祉士の資格は国家資格であるのも大きな違いです。次に介護についての相談を受けて、ケアプランを作るのがケアマネージャーです。ケマネージャーになるためにも実務経験が必要で、介護福祉士よりもさらに長い5年以上の経験が必要です。合格率は低く難しい資格試験と言われているため、しっかりと学習計画を立てて勉強していくことが大切です。また、介護事務の仕事は介護職を裏でサポートする職業です。資格が必須ではありませんが、事務の仕事の中でも介護に特化した仕事内容になります。そのため、介護事務実務士などの資格を取得しておくと就職の際に有利になることがあります。このように介護職には様々な種類があり、資格もたくさんあります。仕事内容は各職種で異なりますので、事前にしっかりとその職種の仕事内容を把握しておくことが大切と言えます。また、介護職は専門知識を必要とする場面が多いので、資格が必要ない職種でもある程度勉強しておくことがおすすめです。